■ CADによる錦帯橋の考察 ■

 CAD(コンピュータによる構造物の設計システム)によって得られた錦帯橋の構造図を示しておきます。これによっていかに錦帯橋が科学的に造られ、しかも芸術的かと言うことがよくわかります。
 創建当時もし広嘉や児玉九郎右衛門がこのCADを知っていたらどんなに喜んだでしょうか……。

k-02-1.jpg (21090 バイト) k-02-2.jpg (30478 バイト)
多くの桁を束ねる巻金(赤色)
 たばねられた桁は1本の組立アーチとなります。
五本の組立アーチで1スパンが出来ています。
水平方向の剛性を保つブレース(赤色)
 今日の技術水準と比べても大変すばらしいものです。
k-02-3.jpg (20469 バイト) k-02-4.jpg (22347 バイト)
組立アーチを補強する鞍木と肋木(赤色)
 創建時にはついていませんでした。
組立アーチの倒れと桁のずれを止める梁(赤色)
 すぐれた工夫が見うけられます。
k-02-5.jpg (14026 バイト)


錦帯橋再発見TopPageへ  TopPage   MainMenu